UP

医療レーザー脱毛はメリットだけじゃない、デメリットもある

医療レーザー脱毛で綺麗な肌に

脱毛というと、一般的にはエステサロンでやってもらったり、専用のレディースシェーバーなどで自分で処理をするものだと考えている人もいるでしょう。
実は、医療機関でも脱毛ができるということはご存知でしたか。これは一般的な皮膚科や美容皮膚科などで行われており、特殊な医療用のレーザーを使った脱毛となっています。前進すべて行うことができますし、肌も綺麗な状態になるでしょう。また、医療用のレーザー脱毛は一般よりも強い出力で行うため、通う回数などが減り、効果もすぐに期待できます。
ただし、気をつけたいこともいくつかあります。実は医療レーザー脱毛に関しては、エステサロンにはないデメリットもあるのです。いろいろな違いがありますから、それぞれの違いやデメリットを考えて、その上で医療レーザー脱毛を受けると満足するようですよ。エステサロンとはまた違った特徴があり、それぞれいいところや悪いところもあります。
では、エステサロンで受けられる脱毛エステと医療機関で行われている医療レーザー脱毛、この2つの違いとは一体何でしょうか。価格や施術方法など、それぞれの特長やメリット・デメリットを踏まえて考えてみましょう。

医療レーザー脱毛とは、医療機関での脱毛

近ごろの医療レーザー脱毛

ここでいう医療レーザー脱毛とは、一般的な医療機関での脱毛のことを指します。
この一般的な医療機関とは、平たく言えば病院や診療所のことです。取り扱っているのは皮膚科が多いのですが、美容外科や美容皮膚科も取り扱っています。
基本的に光を使うのとは違い、レーザーでの脱毛になります。細い毛穴にしっかり力を与えるので、とても大きな刺激となり、毛穴に対して与える刺激も強いのですが、その分しっかり脱毛ができるのが特徴ですね。
また、施術を行うのは医師か看護師となり、基本的に皮膚について詳しい人が施術を行います。施術の時にもし痛いのが気になるのなら、塗る麻酔に対応しているところもあり、痛みに耐えられないようならそのような麻酔を使うこともできます。
ただし、この医療レーザー脱毛は医療機関で行うとはいえ、保険適用外となります。健康保険証を持ってくるように言われることはあるでしょうが、健康保険証で適用されるのは一般的な皮膚科の治療範囲のみとなります。このため、初診料などが保険適用となる場合もありますが、そうではない医療機関もあります。
ちなみに自由診療なので、それぞれの医療機関によっても価格が違います。

医療レーザー脱毛のメリットは専門的な施術

医療レーザー脱毛の最も大きなメリットは、専門的な人たちが施術してくれるということでしょう。
脱毛施術を行うとき、エステサロンはエステティシャンと呼ばれる人たちが行います。エステサロンによっては独自の資格や研修などもありますが、実際には医療機関で働く人たちほどの資格や技術は持っておらず、やはり医療機関でやってもらうほうが安心ですね。
施術をしてくれるのは基本的に看護師であることが多く、肌に対してレーザーを当てるのはだいたい看護師です。ただし、医師がやってくれる医療機関もあります。
また、出力が大きいのも医療レーザー脱毛のメリットでしょう。エステで行われる様々な脱毛と違い、医療レーザー脱毛だと比較的出力が強く、光の種類もまっすぐしっかり進んで毛根を刺激してくれます。このため、医療機関なら一度レーザーを当てた部位の毛はすぐに薄くなるため、早く処理してしまいたい人にとっては嬉しいでしょう。
そして痛みが気になる人にも嬉しいですね。痛みに関してはレーザーを当てるときや当てたあとに起こりがちですが、このレーザーの痛みにも最大限配慮してくれます。美容皮膚科での脱毛処理の時、もし痛いのなら麻酔クリームを使うこともできますよ。

医療機関で脱毛するデメリットは痛みと火傷

脱毛でつるつるに

とはいえ、医療レーザー脱毛は完璧な脱毛方法ではありません。
大きなデメリットとしては、火傷や痛みが起こることがあります。
火傷が起きるのは、一般的なエステサロンよりも脱毛での出力が強く、とても大きいためです。火傷に関しては過去にエステサロンの脱毛でも問題になり、今でも皮膚の薄いところでは医療機関でもエステでも痛みやかゆみ、赤みが出ることがあります。ただ、医療機関のレーザーはエステの光よりも力が強く、火傷や痛みが出やすいのです。
とはいえ、このような痛みややけどに関しては専門的な処置を行いますから、比較的早く症状が収まったり、クリームや軟膏などが処方されることもあります。対応もしっかりしているので、肌に何かあってもケアをしてもらいやすく、期待できるでしょう。
また、医療機関での脱毛に関しては、残念ながらシミ・あざ・ほくろなどの黒い部分があるとできない場合もあります。詳しくは医師の判断に任されることになりますが、このようなシミやあざ・ほくろなどがあると、処理ができないこともあるのです。このため、一度医師に相談してみるのがベストですね。できない場合は諦めるしかありませんので、そのことは仕方ないでしょう。

注意点は価格、医療レーザー脱毛の負担とは

医療レーザー脱毛を受けるのなら、注意点がいくつかあります。
ひとつは価格ですね。一般的なエステサロンなどはキャンペーンなども積極的に行われているので比較的安く感じる人もいますが、医療機関の場合はレーザー脱毛ではめったにそんなキャンペーンは行われていません。このため、比較的価格が高めで、同じパーツを脱毛してもらうのでもお高くなっています。
また、エステサロンにある完全脱毛プランというような、パーツを契約すれば受け放題、ということはめったにありません。大体の場合は一回ごとの照射でいくら、となりますから、単純にどのパーツを何回受けるか、ということで価格が変わります。一回ごとの都度払いや、まとめて回数チケットなどを買う場合もあるようです。このため、価格がかさみがちになるのも傾向としてはあるでしょう。お試しでも価格が高くなるため、その点は仕方ないと割り切れる人にとってはいいかもしれません。
最後に接客です。実は医療機関の中にはあまり接客に力を入れておらず、患者さんの対応がそこまで丁寧ではないところもあります。エステサロンはお客様に快適にすごしてもらおうという視点がありますから、過ごしやすさは圧倒的にエステのほうが上なのです。

医療レーザー脱毛はそれでも人気がある

正しく医療レーザー脱毛

とはいえ、医療機関での脱毛はそれでも人気があります。
回数をあまり重ねることなく、手早く終わるのが一番のポイントでしょう。何回も何回も通わなくてはならないエステサロンと違い、医療機関なら数回で終わることも珍しくありません。場合によっては、医療機関での脱毛のほうがより安くすんだ、という人もいます。
そして医療機関なら、専門的な相談も一緒にできます。例えば美容皮膚科の場合、脱毛と一緒にニキビや肌荒れについての医療面からの処置を期待できたり、一緒に他の自由診療の施術を受けることもできます。脱毛の後に肌を綺麗にしてもらうためにケミカルピーリングを行ったり、美容点滴を受けることもあります。ただし、同じ日に同じパーツについての施術を受けられるかどうかは、医師と相談してください。
また、濃い部位はエステサロンよりもレーザーのほうが向いています。これは男性の髭やもともとの体質として毛深かったり毛がしっかりしている場合ですね。しっかり太い毛が生えている人なら、レーザーなどで処理してもらったほうが回数も早く確実に綺麗になるでしょう。
特にエステよりも専門的にしてほしい人や、肌に負担がかかるのが嫌な人にも向いています。